locoseye_ep04_title

locoseye_ep04_main

ハワイは世界中のサーファーが憧れるサーフィンの聖地。ミツさんもまた、22歳の頃に初めてハワイを訪れ、ビッグウェイブに惚れ込んでしまった一人だ。でもちょっと人と違うのは、「ここでサーフィンをして暮らす」と強く決意し、2年後には愛車を売り払って資金を調達し、留学してしまったこと。「高校生の時にサーフィンにハマって、卒業後も千葉の海とかでサーフィンしてたんですけど、ノースショアの波を知った後は、もうハワイに住むしかないって思い込んでしまって。決めたら一途にのめり込んじゃう性格なんでしょうね」と笑う。

_MG_3419

とはいえ、すぐにサーフボード・シェイパーへの道が開けたわけではない。「日本でも料理人のバイトをしていたので、ハワイでも10年近くはプレートランチ屋で働いたり、すし職人をしたりして何とか生計を立てていたんですよ。でも、たまたまレストランに来たタウン&カントリーの人に声をかけてもらう機会があって、見習い同然の仕事に就くことができたんです」。人はこれを偶然とかラッキーとか、そんなふうにいうのかもしれない。でも、「ハワイでサーフィンをして暮らす」というミツさんの強い決意が引き寄せた、必然的な巡り合わせといったほうが、しっくりくる。

サーフボード・シェイパーへの第一歩がスタート

「職人気質というか、とにかく料理にしてもサーフボードにしても、自分なりの創意工夫を凝らして何かを作りあげていく作業が大好きなんです。だからタウン&カントリーでプロのシェイパーの仕事を観察しているうちに、どんどん自分のアイデアが沸いてくるようになって……」。最初は友人のサーファーたちのために削っていたが、やがてそれが会社の目に留まり、正式にシェイパーとしての仕事ができるようになった。こうして、ローカルの日系人ではなく、日本からやって来た日本人として初のプロシェイパーが誕生した。

_MG_3372

約5年の修行期間の間に、時代の波もミツさんに大きく味方した。サーフボードの世界では、これまでメーカーが忠実に守ってきた型が崩れはじめ、自由に作ることがトレンドに。あれほど隆盛を極めたタウン&カントリーの自社工場も閉鎖に追い込まれた。
一方ミツさんはというと、何の知識もない真っ白な状態でこの世界に飛び込んだことが逆に功を奏し、基本の型にとらわれない自由な発想で仕事をする、個性的なシェイパーに成長していたのだ。

世界一のシェイパーと肩を並べて

2005年、満を持して独立。「ミツ・デザイン」がハワイに産声を上げた。ミツさんのワークショップは、ワヒアワにある「ザ・ファクトリー」というサーフボードの工場内にある。ここでは高いプロ意識を持つ一流のシェイパー、グラッサー、サンダーなどが、常に刺激し合いながら仕事をしている。なんと世界一のシェイパーと呼ばれるディック・ブルーワー氏もここで働いているのだ。

_MG_3430
_MG_3426

そんな中でミツさんがこだわっているのは、「お客様の目線に立って、あまりお待たせすることなく、クオリティの高いサーフボードを完成させること。お客様とは最初にサーフボードの話をしながらデザインの相談をするんですが、自分の中で完全にイメージが固まるまで作業には取り掛からない。頑固なようですが、このプロセスにはとことんこだわりますね。でもいったん作業に入ると、コンピューターを導入してプリカットしたり、スピーディーに集中して仕上げる努力をしています。シーズンにもよるけれど、受注から発送まで2か月位かな。もちろん日本へも発送しますよ」

_MG_3245
_MG_3275

年間500から600本、ミツさんがシェイプするボードが誕生する。顧客には、2012年JPSAグランドチャンピオンの喜納元輝氏をはじめ、ネルソン・アヒナ氏など名だたるプロも多い。10月4日、神奈川県茅ケ崎で開催されたJPSAロングボード第5戦「クリオマンション 茅ヶ崎ロングボードプロ」で、大逆転勝利をおさめた喜納プロが使用したボードも、ミツさんがシェイプしたものだ(下の写真)。

2 (3)

もちろん、初心者の子どもやシニアからの注文もはいる。「どんな人にも100%希望通りのボードをシェイプしたい」。そんな熱い思いでボードの光と影を見つめ、シェイプを見極める毎日だ。サーファーとしてシェイパーとして、次のステージを目指して常に向上心を忘れない。

_MG_3300

プロフィール

松下充之さん
1968年東京生まれ。高校生の時にサーフィンと出合い、卒業後5年間アルバイトをしながらサーフィンに熱中する。1990年初めてハワイへ。「ここでサーフィンをして暮らす」と決意し、1992年語学学校への留学を機にハワイに移住。2000年にタウン&カントリー・サーフでサーフボードシェイパーをはじめる。2005年に独立し「ミツ・デザイン」を創業。趣味は料理とサーフィン。

お問い合わせ

Mitsu Design
ミツ・デザイン
Tel:808-387-7380(日本語OK)
Email:http://www.mitsusurf.com/question.php
http://www.mitsusurf.com

最近の投稿