ハワイで体験! 初めての「Uber(ウーバー)」
<賢いクレジットカード活用術 -1->

スマートフォンで手軽にハイヤーやタクシーを呼べる配車サービスUber(ウーバー)。専用アプリを操作するだけで、どこからでも簡単にクルマを呼べるとあって、全米をはじめ世界中で急速に市場を拡大中だ。初めてでも操作は簡単。さあ、Uberを使ってハワイを闊歩しよう!

まずはアプリをダウンロード

シリコンバレー生まれの画期的な新サービスUber。一般のドライバーがマイカーで客を運ぶライドシェアの仕組みだが、利用方法はいたって簡単。まずはスマホに専用アプリをダウンロードし、クレジットカード番号を登録する。
クルマを呼びたいときは、アプリを開いて地図をタップすれば、近くにいるUberの契約ドライバーがわずか数分でやってくる。料金は登録したクレジットカードで自動的に決済されるので、チップを計算したり小銭を用意したりという面倒な現金のやりとりは一切必要なし。その上乗車料金は商業タクシーより格安なのだ。ハワイでもUberが急速に普及中。さっそく、Uberを使ってワイキキからカイムキへ出かけることに……。さ~て、一体どんなクルマがやって来るのか?

Uberアプリを操作してみる

午後1時すぎのワイキキビーチ。ビーチに繰り出す若者やトロリーを待つツーリストでにぎわうデューク・カハナモク像の前で、Uberを呼ぶことに。専用アプリは既にダウンロード済み。アプリを開くと、現在地が自動的にピン表示される。

アプリを開くと現在地がピン表示される

目的地はカイムキにある人気レストラン「タウン」。ここで友人と遅めのランチを楽しむ予定だ。「Town Kaimuki」と入力して住所を検索し、確定キーを押す。車種の選択肢は画面の一番下に表示される。ハワイではUberX(一般小型車)、UberSELECT(4人乗りの高級セダン)、UberTAXI(商業タクシー)、UberASSIST(身体機能に障がいを持つ人や高齢者など、支援が必要なユーザー向け)の4択だ。UberXには5人乗りが可能なUberXLもあるが、今日は必要ないので一番安いUberXを選択。するといきなり「ご利用になれるUberXがございません」というではないかっ!! ガガ~ン! 気を取り直して次の選択肢、UberSELECTを依頼してみる。

車種の選択肢は画面の一番下に表示される

すると「ただいまご利用可能な車両がございません。しばらくしてから再度お試しください」とのメッセージが……。

メッセージは画面にこのように表示される

「え~っ!?」と動揺しつつも、再び画面をタップしてみると、どうやら配車は可能だが、ピーク時のため基本料金が1.5倍になるという。

ピーク時には基本料金が1.5倍に

とにかくランチの営業時間内にたどり着きたいので、同意ボタンをタップ。次のステップ「乗車場所を設定する」へ進む。

次は乗車場所の設定へ

設定が完了すると「お客様の元へ向かっております」という表示にスクリーンが切り替わった。やった~~♥ 待ち時間表示は4分とある。クルマのアイコンが動き出した。ドライバーはアーサーさん、車種はテスラ モデルSとある。

画面下にドライバー名と車種も表示される

Uber呼んだら話題のEV「テスラ」がやって来た!

「テスラ!? 嘘でしょ、あのテスラ?」。シリコンバレー発の新進気鋭の電気自動車メーカー、テスラモーターズが開発したモデルSは、スポーツカーのような体躯なのに燃費はプリウスの約2倍という、日本では1千万円を下らない超高級車だ。ワクワクドキドキしながら、テスラの到着を待つ。表示されているドライバーの顔写真をタップすると、画面下に「割り勘」「ステータスを送信する」「乗車のキャンセル」の3つのボタンが現れた。

ドライバーの顔写真をタップすると、画面下に3つのボタンが表示される

同乗者がクレジットカード情報を登録すると自動的に割り勘計算をしたり、現在地をメールで送れたり、予約から5分以内であれば無料でキャンセルもできるのだ(5分を超えると手数料$10が発生するので要注意)。

クルマのアイコンが近づいてきたとき、ドライバーのアーサーさんから電話がかかってきた。「デューク像の正面にはとめられないから、その先にとめるよ。ちょっと待っててね」とのこと。やるね、気が利くじゃなーい(笑)と気をよくしてると、顔写真そのままのヒゲ面の男性がクルマから降りて近づいてくる。「こっちだよ~」と出迎えてくれた。

ドライバーのアーサーさんがテスラ モデルSのドアを開けて出迎えてくれた

本革シートの豪華な車内に乗り込む。Uberでまさかテスラ モデルSに乗れるとは♥ この時点ですでに基本料金1.5倍のことはまったく気にならなくなり、むしろ超ラッキーな気分♪ 見よ、この17インチの大きなタッチスクリーンを! 「日本のラジオだって聞けるよ」とアーサーさん。

車内には17インチのタッチスクリーン

この際とばかりに、フレンドリーな彼を質問攻めに……。聞くとこのモデルSは今年1月に購入したばかり。普段はこのクルマで、真珠湾観光などVIP向けの個人ツアーを、ツアーが入らない日にUberのドライバーをしているそうだ。「古いものだと10年ものの小型車が迎えにくるUberXと違って、UberSELECTは高級セダンが多くて、ドライバーもきちんとしてるよ」とのこと。今日のように、時間帯によってはワイキキでもUberをキャッチしにくいことがあるが、ホノルル空港周辺には待機車が多い。週末や夜はUberドライバーが増えるから、もっと便利だと教えてくれた。Uber初乗車だとわかると、$10オフのプロモコードまで……。アーサーさんはとっても親切だ。さっそく入力。

アーサーさんがくれたプロモコードを入力

1.5倍の基本料金の元までとれて、さらにニンマリ♪ あっという間にタウンに到着したのだった。下車と同時にメールで領収書が送られてくる。走行時間、走行ルートまで明瞭に表示されていて、しかもタクシーより確かに安い! 最後にドライバーを★評価するのだが、これはドライバーの信頼度を判断する大事な要素になるので、必ずポチッを忘れずに。問題がなければ5つ星評価をするのがお約束。

とてもわかりやすい領収書の表示

★評価も忘れずに

人気の自然派レストラン「タウン」でハワイの食材を堪能!

カイムキにはロコが通うおいしいレストランが密集している。実はグルメタウンなのだ。ワイキキからクルマでわずか10分ほどの距離だが、バスで行くとなると本数が少ないため時間がかかってしまう。レンタカーだとワインが飲めない……。つまり、Uberで行くにはもってこいのデスティネーション!

スイスイと、目的地の人気レストラン「タウン」に到着。ハワイで採れる新鮮な食材、それも可能な限りオーガニックのものを使用したメニューが大評判だ。コースターには使用済みのコピー用紙を、紙ナプキンの代わりにトルションを使うなど、地球にやさしいポリシーも心地よい。セミオープンの店内には涼しい風が流れ、ゆったりまったりと午後のひと時を過ごすのにオススメのスポット。今日はオーガニックレタスのサラダとオノのソテーをチョイス。素材の風味と味わいを活かした一皿一皿に大満足できました♪

タウンの外観と内観。ウッディな落ち着いた雰囲気
マオ・ファームで採れたオーガニックレタスのサラダ
(トマト、パンチェッタ、ウォルナッツ、マンチェゴチーズ)
$8.50
ハワイの近海魚オノの温野菜添え(青梗菜、大根、キャッサバ)
$15
ハワイ産ハニーと絞りたてのレモンで作った特製レモネード。
上層部のグリーンはパセリジュース
$2.75

Uber使用にあたって、これだけはおさえておこう!

こうして快適なUber初体験となったが、注意する点もいくつかある。

  1. ①出発前に日本でアカウント登録を済ませておこう
    Uberのアプリをダウンロードし、指定の情報を入力すると(Facebook経由で短縮入力も可能)、SMSで認証番号が送られてくる。その番号と支払い情報を入力しないと登録は完了しない。
  2. ②支払いはすべてクレジットカード決済
    ペイパルを含め、支払いはすべてクレジットカード決済だ。クレジットカードを持っていることが絶対条件なので、現金決済派の人も、この際最低1枚はクレジットカードを持ちましょう。クレジットカードの新規申し込みを検討しているなら、セゾンJCBカードがおすすめです。入会金・年会費無料、ポイント還元率は最大15%、世界中のCD・ATMで現地通貨を引き出すことができます。しかもハワイで使える特典や優待が満載♪ 要チェックです!
  3. ③危険なドライバーに遭遇する可能性は、まったくないとはいえない
    Uberではドライバーに対して独自のバックグラウンド審査をし、★評価で4.6以下になるとドライバー資格がはく奪される。が、油断は大敵。どこの国にもこうしたルールをくぐり抜けて悪事を働く輩はいるからだ。女性一人での夜間の利用、危険なエリアへの出入りは控えたほうが無難。アメリカは自己責任の国。ハワイもアメリカであることを忘れずに。

5月25日にトヨタ自動車が提携を発表したこともあり、今日本でも注目が集まっているUber。ちょっと離れた街のレストランにも気軽に足を延ばせるし、ワインも楽しめる♪ 帰りの足も心配無用。行動範囲が広がって、滞在がより一層自由に快適に! 次回のハワイ旅行で早速使いこなしてみよう!

Town
タウン

3435 Waialae Ave. Honolulu
Tel:808-735-5900
Open:ランチ11:00~14:30、ディナー17:30~21:30(金・土曜~22:00)、日休

www.townkaimuki.com

最近の投稿