ハワイの“幻”のサーフィンイベント「ザ・エディ」、ウエイティング・ピリオドがいよいよスタート ―サーファーズサークル―

伝説の英雄エディ・アイカウを偲び称えるサーフィンイベント「クイックシルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ」。12 月 3 日に、恒例のオープニング・セレモニーが行われました。Part1で紹介した、ハワイの伝統に則ったセレモニーもいよいよクライマックスを迎えます。ハイライトシーンともいえる「サーファーズサークル」。その模様をお伝えします!

MG_6351

サーファーズサークルの意味するもの

ビーチでのセレモニーが終わると、いよいよ海での伝統儀式「サーファーズサークル」が始まります。夕闇が迫りつつあるビーチから、ボードを手に全員がパドルアウト! なんだかみんなうれしそう♪ 水を得た魚のよう、というのはまさにこのことです…・・・。
この儀式を仕切るのは、エディの弟であり、現在66歳にしてなお現役サーファーとして活躍しているクライド・アイカウさん。彼は、1985年から開催されているすべてのザ・エディに出場しており、1989/90イベントで優勝しています。そのときのアイカウ・ファミリーの喜びはたいへんなものだったといいます。
ビッグウェーブへのチャレンジは、物怖じしない若さも必要だけれど、大きな危険が伴うだけに、的確な状況判断をも求められます。そのため、十分な経験も必要なので、ベテランサーファーが多いのも事実。そんな中、クライドさんは多くの尊敬を受けているサーファーの一人ですが、セレモニーの挨拶の中で、今回限りで現役を退くことを発表し、関係者を驚かせました。

MG_6629

今回での引退を表明したエディの弟、クライドさん

パドルアウトした選手たちは、全員で手をつなぎ円を作って、大会の無事を祈り、エディへの感謝を分かち合います。祈りを終え、一つになった選手たちは、最後にレイをサークルの中心に投げ、偉大なサーファーの魂に敬意を捧げます。

MG_6751

サークルの中心にレイを投げる選手たち

クライドさんは、以前、サーファーズサークルについてこう語っています。「このセレモニーで参加者が一つとなり、ワイメア・ベイのこのイベントに大きな波を引き寄せることができると感じています。しかし、それよりも重要なのは、大会に参加するサーファーたちの心と体がつながり、ともに支え合うこと。そして偉大なエディ・アイカウをともに称えることです。たくさんの命を救い、そして人を救うために人生を全うしたエディの思いを、これからも語り続けたい」。

一流サーファーたちによるライディング!

セレモニーを終えたサーファーたちは、順々にいい波を捕らえながらボードに乗り、見事なライディングでビーチへ帰還。これをビーチで見学できるのは、かなり幸運♪

MG_6790

選手たちが次々と見事なライディングをみせる

日本人として唯一大会に参加する、プロサーファーの脇田貴之さんと、出場資格はまだないものの、セレモニーへの参加が許されたプロサーファーの堀口真平さんもみんなに続きます。
脇田さんは「決意を新たにしました!」と笑顔を見せ、ビーチで待っていた家族と合流。次世代のサーフィン界を担う、脇田さんの子どもたちも誇らしげですね。

MG_6810
MG_6824

脇田さんとそのファミリー

サークルを作っていた間、沖ではどんなことが行われていたのかを、堀口さんにお聞きすると……。「クライドがエディの話をして、それからみんなが順番に一言ずつコメントするんです。ドキドキして頭の中が真っ白になりながら自分の番を待っていたんですが、結局いわずにすみました(笑)。でもこの一体感はハンパじゃなくて……。すごい経験をさせてもらって、本当に感謝しています!」。

MG_6830
MG_6833

堀口さんとそのファミリー

サーファーズサークルの中で、全員が一つの家族となり、特別な絆で結ばれるのです。また一つ、アイカウ・オハナが誕生した瞬間でした!

セレモニーの〆は太っ腹ディナー!

最後の選手が海から戻ってくると、アイカウ・ファミリーとスポンサーによって、その場にいる全員にディナーがふるまわれました。その数、なんと3000食! 見学に来た人もウェルカムという、太っ腹なオープニング・イベントなのです! テントの中では、ハワイアン・ミュージックのライヴあり、ダンスありで、子どもから大人まで大いにイベントを楽しんでいる様子。それを見ているマイラさんもまた楽しそう。エディを失った大きな悲しみを乗り越え、海の安全とサーフィンの普及に尽力し、アイカウ・ファミリーの結束を次世代に伝えようとする、イベント本来の目的がみえてくるようでした。

MG_6838
MG_6845

用意されたディナーはなんと3000食

MG_6859

ライヴあり、ダンスありの楽しいディナー。

MG_6869

アイカウ・ファミリーに贈られる、そろいのTシャツ

エディ・アイカウが愛したノースショアの海に、この冬、伝説の大波は訪れるのでしょうか!? ウエイティング・ピリオドがスタートした今、ザ・エディは明日かもしれない! 大会が始まるや、8時間後にはチャンピオンが決まるというこのイベント。こうして大会の裏側を知れば知るほど、サーフィンの経験がなくても、このビッグイベントが身近に感じられますよね! さ~て、7年ぶりの開催はあるのか? 興味は尽きません!

最近の投稿