ハワイのB級グルメ「スパム」の祭典

ハワイのB級グルメの定番といえば「スパムむすび」。その人気からもわかるように、ハワイ州のスパム消費量はなんと全米ナンバーワン! 年に一度、スパムをテーマにしたお祭りを盛大に開催するほど、ハワイの人々のスパムに対するLOVEは熱烈なのです♥ 当日は、ワイキキのメインストリート、カラカウア大通りの一部を通行止めにしてストリートイベントが行われ、有名レストランがスパムを利用した自慢の一品を披露します。さ~あ、世にも“美味しい!?”お祭りをご紹介しますよー。

スパムむすびのトッピング、その正体は缶詰入りのランチョンミート。ソーセージの材料を、腸ではなく型に詰めたものだそうです。スパム(SPAM)は、実はホーメルフーズ社の登録商標で、スーパーマーケットに行くと、オリジナルに加え、さまざまなフレーバーのスパムが所狭しと並んでいます。ハワイ州では、年間なんと700万缶以上が消費されるというから驚きですね! 

日本でもおなじみのスパムむすび

そんなスパムへの愛を肌で感じることができるのが、毎年4月下旬に行われる「ワイキキ・スパムジャム」。今年は4月30日に開催されました。イベントでは、レストランがスパムを使ったオリジナル料理を提供するほか、スパム関連のグッズなども販売されます。収益金はハワイ最大の非営利団体フードバンクに寄付され、恵まれない方々に食事を提供する資金に充てられます。

イベントスタートの夕方4時。まだ陽の高いワイキキに、食欲をそそる香ばし~い匂いが漂いはじめます。

スパムを求めて毎年2万人以上が訪れる。通りは人、人、人……。

イベント当日は、カラカウア大通りの2ブロックを通行止めにして、レストランやグッズなどのテントが並び、大きなステージも2か所設営されます。食事やショッピングだけでなく、エンターテインメントも楽しめるのです。ちょっとお腹がすくまでホロホロ歩きを楽しみながら、ブースをのぞいてみましょう。

まずはスパムのロゴグッズを販売しているテントをチェック。オリジナルTシャツをはじめ、さまざまなキッチングッズや文房具などの小物が購入できます。

今年の公式Tシャツはこれ! 幅広く揃うキャラクターグッズも要チェック!

ちなみに、スパムのゆるキャラはスパミー君。ストリートのあちこちで、ファンとのふれあいに一生懸命♪ 

スパミー君に出会ったら、一緒に記念撮影をお忘れなく!

ローカルスーパーマーケットのフードランドも、オリジナルのスパムアイテムを販売しています。インパクト大のバスタオルやキャップ、ランチボックスなど、人気のレアグッズも並んでいるのでついつい買ってしまいそう……。

ローカルタッチのイラストでスパムを描いたオリジナルグッズも人気。記念にいかが?

そして今年はキティちゃんも登場! キュートなスパムむすびキティバージョンが、自宅で作れるスペシャルキット(スパム缶付き)はおみやげにもぴったり♪ 

キティちゃんもスパムとコラボ。「食べるのがもったいな~い」ほどキュート!

ステージでは、地元ハラウのフラのパフォーマンスや有名ミュージシャンの演奏も始まり、夜10時までエンターテインメントもノンストップ。ライブミュージックを楽しみながら、さっそくフードブースをのぞいてみましょう。

今話題のコンビ、ホノカ&アジータと、ジョディ・カミサトのステージ

プロが普段、使用することのない食材、スパム。これを上手に料理するのも、一流シェフの腕の見せどころ。というわけで、最初に突撃したのは、ハワイを代表するシェフの一人で、ハワイアン航空の機内食のプロデュースも手がけるチャイ・チャオワサリー氏のレストラン「チャイズ・ワイキキ」。自慢のメニューをアレンジしたスパム・フリッターと、フレッシュアヒとスパムのカツを、シェフ自らが料理しています。パイナップルをアクセントにしたさくさくの衣で包まれたスパムは、もう芸術品! アヒとスパムを一緒に巻いて揚げたカツも絶品で、初っ端からガッツ~ンとノックアウトされちゃいました!

ハワイのセレブ・シェフの一人、チャイ・チャオワサリー氏もブースで大活躍

スパムフリッター $12

ピリカラのカレーソースが味わい深いアヒとスパムのカツ $12

もうお一方、巨大なパンケーキで知られる「マック24/7」のエグゼクティブ・シェフ、ジェームズ・アプキタン氏を発見! ブースでは、スパムを使ったフラン「SPLAN」を提供。ココナッツを使ったスパムのフランのまわりに、細かく切ったスパム、カフクコーンやアルグラ、レッドオニオンなどをあしらいサラダ仕立てに。こちらも、シェフ自ら最後の仕上げに余念がなく、こんな手の込んだ料理が食べられるなんて……恐るべし、スパムジャム!

いつも陽気なエグゼクティブ・シェフのジェームズ・アプキタン氏

コナコーヒーを使ったソースが絶品のスパムフラン $5

イベントに先駆けて行われるスパム料理コンテストで今年優勝したのが、「フラグリル・ワイキキ」のスパムをハンバーガー風にアレンジしたスパムウィッチ。スパムを揚げて、ザワークラウト風のキャベツと一緒にバンズにはさんだ料理で、食べやすさも考慮された一品。他にも、フライドライスやロコモコといったローカルフードにスパムを使ったハワイアン路線も大人気でした!

栄えある賞を受賞したバーガー風のスパムウィッチ $6

さらに、気軽に味わえる「エッグスン・シングス」のスパムとチーズ、フレッシュエッグのサンドウイッチや、ロイヤルハワイアンセンターにオープンしたばかりのタイ料理「ノイタイ・キュイジーヌ」のタイ風サラダや炒飯、中国料理「シーフード・ビレッジ」のスパムシュウマイや春巻き、メキシコ料理「BUHO」のブリトーなど、とにかくスパムを使った多岐にわたる料理が紹介されていました。スパムを使ったレシピといえばスパムむすび、と思っていたら大間違い! ここに来れば、スパム料理のアイデアがどんどん広がりそう♪

スパムとチーズのサンド $6

アジアンテイストが楽しめるタイ料理のスパムたち

春巻やシュウマイなどの点心にもスパムを入れて

日が暮れるにつれ、未知なるスパム料理との出会いを求める人々が集まり、かなりの混雑に。毎年2万人を越える人々が訪れるイベントなので、夕食どきともなるとどのテントも長蛇の列……。フードイベントがチャリティーになることが多いハワイですが、スパムジャムは、みんなが大好きなスパムをさまざまにアレンジした料理が楽しめるとあって、毎年大盛況。観光客だけでなく、ロコがファミリーで連れ立ってやって来る人気イベントの一つです。

毎年、大盛況のスパムジャム。日が暮れると通りは人で埋め尽くされる

スパム缶は安いうえに長持ちするので、買い置きしておくといざというときにとっても便利。庶民の強ーい味方ですが、長期保存が利くところから、かつては戦地への輸送物資として利用されていました。連日のようにスパムが支給された兵士たちからは「またか!もういい加減に飽きた」という声があがったとか。そこから、ひっきりなしに来る迷惑メールをスパムメールと呼ぶようになったという逸話もあるほど……。さて、来年のスパムジャムで、スパムの魅力を再発見してみませんか?

Waikiki Spam Jam
ワイキキ・スパムジャム

jp.spamjamhawaii.com

最近の投稿