ハワイ・アラワイ運河に2万羽のアヒル出現!!

ワイキキの北側にある人工の運河、アラワイ。運河沿いに設けられた歩道は格好の散歩道で、ジョギングやウォーキングのコースとしても人気があります。このアラワイ運河を、膨大な数のアヒルたちが一斉に下流を目指して泳ぐのを目撃したことはありますか? それはそれは我が眼を疑う驚きの光景です。いったいこれはどんな現象なのでしょうか。その真相に迫ります!

運河を埋め尽くすアヒルの正体とは?

アメリカは「チャリティーの国」といってもいいほど、チャリティーイベントやファンドレイズが盛んです。そして、みんなが当たり前のように寄付を行います。ここハワイでも、数多くのチャリティーイベントが開催され、それをとことん楽しんじゃおうという人たちがいっぱいです。

アラワイ運河に2万羽のアヒルが出現するのも、実はこうしたイベントの一つなんです。毎年3月後半の土曜日に行われるもので、ハワイ脳性麻痺協会が主催する「グレート・ハワイアン・ラバーダッキーレース」という名称です。このラバーダッキーレース、いったいどんなイベントなのでしょう?

今年2016年、29回目を迎える「グレート・ハワイアン・ラバーダッキーレース」

脳性麻痺という病気への理解と基金集めのために行われるこのイベント、主役はラバーダッキーです。それって?……そうあれです! お風呂に浮かべたりして遊ぶ、ゴム製のあの黄色いアヒルのおもちゃです。きっとみなさんのお家にも、どこかに一つくらいはあるのでは? ラバーダッキーはアメリカではとってもポピュラーなおもちゃで、シンプルなものからカラフルかつ趣向を凝らしたレアなものまで、本当にバラエティ豊か♪

アヒルグッズが買えるテントには、カラフルでキュートなアヒルがいっぱい!

参加するとスペシャルダックがもらえる!

ラバーダッキーレースは、そのアヒルをアラワイ運河に投入して順位を競うという、なんとも画期的かつロコに愛されているイベントです♥ 参加者は1羽5ドルでアヒルを購入し、番号(ゼッケン?)をゲット。その番号をつけたアヒルがレースで上位50位に入れば、豪華賞品がいただけるという仕組みです。アヒルは何羽でも購入可。収益金はすべて主催者に寄付されるため、わくわくドキドキが社会貢献にもなるという、何ともすばらしいイベントなのです!

当日はマッカリー・ショッピングセンターがプレ・イベント会場に

今年の開催は3月26日。イベント当日は、マッカリー・ショッピングセンターで、朝9時からアヒル購入&エンターテインメントがスタート。何事もラストミニッツなハワイでは、ここでアヒルを購入する人がほとんどですが、若い番号がほしい人は事前購入も可能。今年はマッカリー・ショッピングセンター内の2つの店舗で、事前購入の受付をしていました。

当日はこのテントでアヒルを購入し、ゼッケンをゲットします

アヒルを購入すると、その子のゼッケンの控えと、購入した数だけその年のオリジナル・ラバーダックがもらえます。これをコレクションしているという人も多いんですよ~。ちなみに今年のアヒルは、ギターを持って、頭にバンダナを巻いた70年代のイーグルス風♥ バラ売り以外にも、5羽とダッキーTシャツがセットになった、25ドルの「クァックパック」があり、これも人気です。

1羽5ドルでアヒルを購入すると、スペシャルダックがもらえる!

マッカリー・ショッピングセンターの駐車場には、アヒル購入テントとミュージックライヴを中心に、子どもたちのためのゲームコーナーやアヒルちゃん関連グッズを販売するテントも登場。アヒルちゃん好きには堪らないんですよね~、これが。どれもキュートで、全部ほしくなってしまうんですよ……。

会場は、ミュージックライヴやさまざまなテントで賑やか
ティーンのミスたちもボランティアでサポート。いろ~んなアヒルちゃんグッズも♪

毎年デザインや色が変わるオリジナルTシャツやアヒルグッズを身につければ、気分もますますノリノリに! さあ、あとは午後1時1分のレース開始を待つばかり……。ちなみに、毎年オフィシャルのレースタイムは、こんな感じにかなり中途半端な時間から始まります。これは、レース当日のアラワイ運河の流れがもっとも速くなるときを狙って、スタート時間を定めているため。ちゃんと計算されているのですよ~。

日本からのファミリーもイベントをサポート。オリジナルTシャツ、今年は赤!

マッカリー・ショッピングセンターでは、12時半にアヒル購入が締め切られますが、レースのスタート地点となるアラワイ運河の橋のたもとでも、開始時間ぎりぎりまで購入を受け付けています。時間がなくてアヒルが買えなかった人、もっとイベントをサポートしたい人は、直前でも購入OK。あくまでもラストミニッツなハワイなのです。

さ~て、ショッピングセンターから歩いて数分の距離にある橋では、すでに2万羽のアヒルが入った大きな箱が用意され、レース開始を待っています。よく見ると、その1羽1羽にゼッケンが! まもなくこの子たちは、運河を漂いながらスピードを競うのです! 運河の両サイドに集まった大勢のファンは、アヒルの鳴き声コンテストに参加したり、やんややんやとスタートを待っています。

ゼッケンを付けたアヒルたちも準備OK! まもなくスタートです

レース開始! その結果は?

いよいよレース開始です! 合図を受け、集まった人々の歓声とともに、2万羽の黄色いアヒルが一斉に運河に投入されます。水しぶきをあげながら運河に飛び込んでいく様子は圧巻! あっという間に運河が一面黄色に染まります。

2万羽のアヒルが、勢いよく運河に飛び込みます!

とはいえアヒルのレース、静かにゴールを目指してぷ~かぷか……。そんな気長なレース展開をイメージしてると大違い。意外にも、アヒルちゃんたちは流れに乗ってスイスイ進むので、レース自体は15分くらいで1着のアヒルがゴールします。

アラワイ運河が一面黄色に染まります

今年の上位賞品は、1位が50インチの薄型テレビ、2位がデジタルカメラ(写真教室付き)、3位がスタンドアップパドルのボード、4位が32インチテレビ、5位が自転車(ビーチクルーザー)。

上位賞品、1位は50インチの薄型テレビ!

また、第29回にちなんで、29位には水のテーマパーク「Wet’n Wild Hawaii」の年間パス2名分が贈られます。加えて最後にゴールしたアヒルちゃんにも特別賞が用意されているので、上位入賞を逃してもがっかりすることはありません。とはいえ、「ウチの子は~!?」と気をもんでしまうものなんですよね~。

意外と速い運河の流れに乗って、アヒルたちはスーイスイと泳ぎます

のどかな雰囲気の中、われらアヒル応援団は声援を送りながら、全員のゴールを見守ります。風の影響のため、例年とは反対方向にゴールが用意された今年のラバーダッキーレース。ロープを張って待機しているオフィシャルのジャッジたちが、ゴールインしたアヒルを手にするたびに歓声があがります。

1着のアヒルがゴール! 大きな歓声があがります

ところでこのレース、結果は後日フェイスブック上で発表され、入賞者には協会から連絡が入るという仕組みになっています。旅行者でも気軽に参加できるラバーダッキーレース、来年は記念すべき第30回を迎えます。ぜひとも自分のアヒルをゲットして、レースに参加してみてくださいね。想像以上に盛り上がりますよ~!

Great Hawaiian Rubber Duckie Race
グレート・ハワイアン・ラバーダッキーレース

主催:United Cerebral Palsy Association of Hawaii
Tel:808-532-6744
www.ucpahi.com

最近の投稿