ハワイで究極のアクティビティ! 大空を飛ぶ体験操縦!!

ハワイの上空を自分が操縦する飛行機で飛ぶなんて、そんなこと本当にできるの!?と驚く方も多いでしょう。はい、本当にできるんです! その夢を実現してくれるのが、ホノルル国際空港にあるワシン・エア。今回は、まるっきり初心者でも大丈夫な、単発機の体験操縦ショートフライトの模様をレポートします。

まずは操縦方法のレクチャーから

今日は待ちに待った体験操縦の日!天気は快晴、気分は上々♪私はマイカーでワシン・エアさんへ向かいますが、この会社ではワイキキエリアとアラモアナエリアからの無料送迎も行ってます。ドライバーさんは日本語を話す方なので、初めて利用する場合でもとっても安心♪ 

 ワシン・エアの外観。無料送迎あり

ワシン・エアに到着。通された応接室で、まずは飛行機の操縦方法や注意事項に関するビデオを15分間鑑賞します。ふとテーブルの上を見ると、体験者の声が綴られたフォルダがありました。いずれも「素晴らしかった!」という感動でいっぱい! 期待度はますます上昇です! し・か・し……、ビデオの再生が始まった途端、「自分が操縦するんだ」と我に返り、急に緊張が~!! そうです……単なる遊覧飛行ではないのです! いつの間にか手にはじっとりと汗が……。

 まずは操縦方法をビデオで鑑賞

一通りビデオの内容を確認したら、いよいよ搭乗。格納庫には数機の機体があり、それらを丹念にメンテナンスしている整備士の姿が目に入ってきました。まるで映画の世界にでも飛び込んだようです!

格納庫の外観
6人乗りの双発機

今日、私が体験操縦するのは、こちらの単発機「パイパーアーチャー」です。4人乗りですが、ワシン・エアのパイロットが必ず同乗しますので、搭乗できるのは3名まで。後ろの席で遊覧飛行が楽しめます。

4人乗りの単発機「パイパーアーチャー」

左が機長席なので、まずは“パイロット”の私が乗り込みます。副機長としてサポートしてくれるのは、ワシン・エアの社長、小倉さんです。1997年の創業以来、無事故の実績。常に人命最優先の小倉さんがすべてを指示してくれるので、大船(実際は飛行機ですが)に乗ったつもりで飛びます! ちなみにワシン・エアの操縦教官は全員、厳しいトレーニングを積んだFAA (米国連邦航空局) の教官免許取得者で、しかも日本語OK。心強いですね~。


意を決して機長席へ

社長の小倉さん。頼りにしてます!

ワイキキを目指して離陸!

それではいざ出発~! 離陸地点まで滑走路を走るのですが、ここではハンドルは不要。足のペダルを左右踏みながら、まっすぐ進みます。離陸地点で管制塔からのサインを待ちます。「Go!」離陸OKのサインが出ました! 人生初の体験に、緊張が走ります。

離陸地点を目指して滑走路を進む

操縦桿を引くと、機体がフワリ。みるみるホノルル国際空港が小さくなっていきます。

 機体が上昇、あっという間に小さくなる建物

まずは1500フィートを目指して上昇します。小倉さんがやさしく丁寧に教えてくれるのでまったく心配はないのですが、それでも身体がこわばったまま。水平飛行になって、やっと窓外の景色を見る余裕が生まれました。

 眼下にはエメラルドグリーンの海

上空からの絶景を堪能

ワイキキ、ハワイカイ、パンチボールを飛行してホノルル空港に戻るという、30分間のフライトコース。この日はほぼ無風の快晴で、絶好の飛行日和。いつもより揺れは少ないといわれながらも、時折感じる揺れにちょっとドキドキ。右手に雄大なダイヤモンドヘッドが見えてきました~! 日頃目にしているダイヤモンドヘッドですが、その全貌を真上から眺められるとは!! 貴重な経験ができました。

雄大なダイヤモンドヘッド。真上からの景観

2000フィートまで上昇し、ハナウマベイへ向かいます。スノーケリングを楽しむいつものハナウマベイの美しさとはまた違う、ため息がでるほどの絶景! 

 ハナウマベイの美しさにうっとり♥

慣れてきたせいもあり、「もっと眺めていた~い!!」と思いながらも、ここで左に旋回して、空港へ。着陸に向けての準備でまた緊張が戻りましたが、小倉さんの指示通りにやればまったく問題なし。無事に空港に戻ることができました。30分間の体験操縦は瞬く間で、「またやりたい!」と興奮さめやらぬまま、飛行機から降りました。

着陸も自分で操縦し、無事終了

体験者には飛行訓練証書とログブロック

体験を終えると、自分の名前が入った飛行訓練証書と、飛行時間を記録したログブックがもらえます。自分が操縦したことを立派に証明してくれる、一生の宝物。ログブックは、ライセンスを取得する場合、体験操縦時間として認められる正規の記録としても使えます。希望すれば、別途料金で自分が操縦している模様を撮影したDVDも購入可能。

 飛行訓練証書(上)とログブロック(下)

アメリカでは、教官が同乗していれば体験操縦に年齢制限はなく、視力が悪い人でもメガネやコンタクトレンズで一定レベルに視力矯正していれば問題はないとのこと。小倉さんがおっしゃるには、「右、左、押す、引くがわかる年齢になれば、誰でも体験可能」だそうで、下は幼稚園のお子さんから、上は90歳代の方まで体験されているそうです。実際に操縦を体験して、「パイロットになりたい!」という夢をもつお子さんも多いそうですよ♪

「格別な思い出になった!」と親子でにっこり

ライセンス取得も可能

ワシン・エアには、航空免許が取得できるパイロット養成コースもあります。自家用飛行機パイロットから定期旅客操縦士まで、FAA(アメリカ連邦航空局)が発給するすべての飛行機操縦士免許の取得が可能で、日本で取得するより断然、経済的かつ効率的。ハワイは一年を通して天候が安定しているので、飛行訓練に適していることもあって、早い人だと3~4か月で取得できるそうです。日本で仕事をしながら取得を目指している方だと、おおよそ3~4年はかかるとか。試験は英語ですが、授業は日本語で受けられ、しっかり試験対策も教えてくれます。管制塔のあるホノルル国際空港を使用して、無線交信まで徹底的に訓練することで、どこの空港でも飛べる本物のパイロットを育成しています。


パイロット養成コースでの授業の様子

実技前にシュミレーターで練習

WASHIN AIR
ワシン・エア

112 Nakolo Place Honolulu
Tel: 808-836-3539
http://www.washin-air.com

-予約

日本からのフリーダイヤル 0120-603-226 (日本時間の4:00~16:00)
E-mail office@washin-air.com

-ツアー料金(※2016年3月31日までの料金)

ショートコース(30分) 2名から参加可能
単発機飛行機(定員3名) 1人 $189.00 同乗者 $149.00
双発機飛行機(定員5名) 1人 $329.00 同乗者 $179.00

スタンダードコース(60分)  1名から参加可能
単発機飛行機 (定員3名) 1人 $289.00 同乗者 $199.00
双発機飛行機(定員5名) 1人 $499.00 同乗者 $209.00

最近の投稿