ハワイ上空に飛来!! 華麗なるブルーエンジェルス! 飛行編「カネオヘ・ベイ・エアショー 2015 」

2015年10月17~18日に開催された、ハワイ州カネオヘ海兵隊航空基地での「カネオヘ・ベイ・エアショー」。普段は一般公開されていない基地の中での開催、しかもハイライトはブルーエンジェルスによるアクロバット飛行! PART1で紹介した特別展示に引き続き、いよいよ本日のハイライト、ブルーエンジェルスの登場だ~!

世界エアロバティックス・チャンピオン、ロブ・ホーランドさんの華麗な飛行

MXS-RHを自由自在に操縦して、見事なアクロバット飛行を見せてくれたパイロットは、ロブ・ホーランドさん。全米エアロバティックス・チャンピオンシップで4年連続優勝、世界エアロバティックス・チャンピオンシップのフリースタイルで2回優勝しているホーランドさんにかかると、急上昇や急降下、空中停止、真っ逆さまでの飛行などの神業も、なぜかラクラク飛んでいるように見えるからあ~ら不思議。圧倒的なテクニックで場内を唸らせました。

三沢基地からやってきたF-16ファイティングファルコン

パイロットの搭乗からデモ飛行までを、目の前でじっくり見せてくれたのが「F-16ファイティングファルコン」。F-16は格闘戦だけでなく対地攻撃能力にも優れたマルチロール機で、空軍最大保有の軽量戦闘機。よく見ると、尾翼には「WW」のテイルコードが。WWは米空軍三沢基地第35戦闘機航空団(35FW)所属を意味するので、どうやらエアショーのために三沢からやってきたようです。離陸前の緊張感といい、轟音を唸らせてアッという間に離陸するスピード感といい、間近で見るとそれはもう、ものすごい迫力!

ブルーエンジェルス、圧巻のエアショー!!

いよいよ本日のハイライト、ブルーエンジェルスの登場です。海軍と海兵隊から選ばれた最精鋭パイロットがアクロバット飛行を披露するブルーエンジェルスは、1946年の発足以来世界中でパフォーマンスを重ね、その観客総動員数は約4.7億人! 実は、ブルーエンジェルスの右翼2番機を操縦するマット・サイダーハウド海軍大尉はホノルル出身。それも相まって、今日の熱狂となっているんです。サイダーハウド大尉は2014年にブルーエンジェルスに選出。ハワイで初めての凱旋フライトとなる今日、どんな飛行を披露してくれるのか、期待が高まりますね。

C-130ハーキュリー輸送機。愛称はファット・アルバート

ブルーエンジェルスの飛行に先立って「C-130ハーキュリー輸送機」が前座としてテイクオフ。C-130はファット・アルバートの愛称で呼ばれるブルーエンジェルスの専用輸送機。いつもは整備士やスタッフ、装備、パーツなどを運んでいるちょっぴり太めの輸送機ですが、短距離離陸が可能で最高速度は時速約580㎞! 「ファットなんて呼ばせない」といわんばかりに、あっという間に雲の彼方へと消えていきます。

ファット・アルバートのデモンストレーションが終わると、いよいよブルーエンジェルスの離陸。2方向に分かれ、1番機から4番機が風下からDiamondテイクオフ。まずは 4機がダイヤモンド・フォーメーションで頭上を通過しました! つづいて5番、6番のソロ機は、風上からの見ごたえのあるテイクオフを披露。リード・ソロの5番機が先に上がり、車輪を出したままロールを加えて離陸するDirty Rollテイクオフ。オポージング・ソロを務める6番機は、滑走路途中の超低空で垂直上昇する、ロケットの打ち上げのようなVertical Climbテイクオフ。う~ん、美しい! これですべての機体がハワイの空へ飛び立ちました!

ブルーエンジェルスの機種 は「F/A-18 ホーネット」。ロイヤルブルー&イエローの鮮やかな機体が、ハワイの空を縦横無尽 に飛び回ります。世界で最も狭い編隊機動といわれているだけあって、今にも翼が接触しそう……。そんな手に汗握るギリギリの爽快感に、ブルーエンジェルスの魅力が爆発!


隙間45cm!! Eighteen Inches

Diamond Roll

時には全機が逆さにひっくり返ったり、ペアで上下逆さになってみたり、バラバラに散ってみたりと、その一糸乱れぬチームワークはお見事!


Diamond Simultaneous Roll

5番機6番機による名物課目。Fortus!!

リーダー機とスロット機が反転し通過するDouble Farvel

Six Plane Cross!! 本当に交差が好きですね

パイロットたちは、この神業のような飛行をGスーツや酸素マスクを着用せずに行っているんですって! 彼らの強靭さは1800飛行時間を越える厳しい訓練の賜物なんでしょうね。上空では残りの2機も加わって、6機がデルタ・フォーメーションで優雅に飛んでいきます。


タイトでかつ美しいDelta Roll

Delta Flat Pass。ショーもそろそろラスト

ショーもいよいよラストに近づき、デルタ・フォーメーションのブルーエンジェルスが上空を通過すると、会場は大喝采に包まれました!! 最後はピッチアップ・ブレイクで、1番機から順番に1機ずつ上昇して着陸態勢に。空母への着艦を想定しているので、全機が同じ場所へ着陸します。さすがです!!!!


着陸した2番機のサイダーハウド大尉。おかえりなさい!

時計を見るとすでに6時……。時間が経つのを忘れるほどの素晴らしいショーでした。今回のエアショー、ハワイでは2012年以来とあって、大盛況のうちに幕を閉じました。ブルーエンジェルスが次にハワイにやってくるとき、この大迫力のパフォーマンスをぜひ実際にご覧になってみませんか。


カネオヘ専用サイト

最近の投稿