家族でハワイ♪ 赤ちゃん連れでも安心マップ! お散歩編

日本からハワイへは夜のフライトだから、寝てれば着くはず…なんですが、そこはやっぱり赤ちゃんとの長旅、疲れますよね~。なので到着日とその翌朝は、ゆったり過ごして体調を整えたいもの。そこで、ワイキキ近辺で赤ちゃんと一緒に楽しめる、とっておきのお散歩コースをご紹介しましょう。遠出しなくても、めいっぱいハワイを楽しめちゃいますよ♪

ママとベビーが楽しめるスポット満載!

まずは滞在先のホテルからメインストリートのカラカウア通りへ出ます。後はダイヤモンドヘッドを目指して、ワイキキビーチをゆっくりウォーキング。カパフル通りとぶつかる交差点を過ぎると、ホテル群が途切れ、目の前に鮮やかなグリーンが広がるカピオラニ公園に出ます。ここからがいよいよお散歩コースのはじまりです。

公園に入るとすぐ、カラカウア通りがフォーク状に分かれるので、海側に進路を取りビーチ沿いの遊歩道へ入ります。

美しい景色を眺めながら、の~んびりお散歩

この遊歩道ではジョギングやウォーキングを楽しむローカルも多く、ワイキキから徒歩数分にもかかわらず、雰囲気がガラッと変わるのが魅力的。きれいに整備されているのでバギーも押しやすく、ゆったりした時間の中で心地よく過ごすことができます。このあたりのビーチはクイーンズ・サーフと呼ばれ、ローカルファミリーが休日に好んで出かける人気スポット。

クイーンズ・サーフ・ビーチは穴場スポット

芝生エリアには大きな公衆トイレが2か所あるので、赤ちゃんのおむつ替えや小さな子の着替えも安心。ただしこのトイレ、個室のドアは胴だけが隠れて足と頭の部分が丸見えですが、びっくりしないように! ハワイのビーチパークのトイレは、性犯罪などを防ぐために、すべてドアはこのような造りになっているのです。

お散歩コース内にある2つの公衆トイレ

そして2つ目のトイレの海側にあるのが、イチ押しの「ベアフット・ビーチ・カフェ」。テイクアウト形式のアウトドアカフェで、アンブレラ付きのテーブルはなんとオーシャンフロント!  ワイキキビーチに面する有名ホテル顔負けのビューが、目の前に広がります。外だから赤ちゃんが泣いても、小さな子どもが駆け回っても、気を遣う必要がないのも最高! 好きな場所にビーチマットを広げ、ピクニック気分で食事を楽しむのもステキ♪ 早起きしたら、涼しいうちにお散歩して、ここでブレックファースト……、というのも解放感たっぷりでいい感じ! ランチならハワイならではのプレートランチがオススメ。お手頃でボリュームたっぷりだから、小さな子連れの4人家族なら、2つのプレートをシェアすれば十分です。

「ベアフット・ビーチ・カフェ」の開放的な店内

目の前は真っ青な海!

オーダーはこちらで

ハワイアンスタイルのBBQチキンプレート$11

食後はゆっくりと公園の中をストローリング。するとワイキキ水族館に突き当たります。

ワイキキ水族館の入り口

実はここ、小さな子連れには使い勝手のよい穴場スポットなんです。30分もあれば館内を一巡できるくらいの小ぢんまりとした水族館ですが、逆にそれぐらいの規模が疲れ知らずで便利。外にはヤドカリやナマコなどに手で触れることができる池や、走り回れる芝生エリアがあるので、おとなしくできなくなったら、エネルギー発散にもってこい。

カピオラニ公園に入ってからワイキキ水族館までは、バギーを押しながらゆっくり歩くと、約30分の道のり。カフェや水族館に寄り道をするとプラス2時間くらいにはなるので、到着日の夕方や翌朝のファミリーアクティビティにいかがでしょう。公園内にはシャワーツリーやバニヤンツリーなど、ハワイならではの大木もそこここにあるので、涼しい木陰をつたいながら歩くのも、楽しいですね。

お散歩のときに唯一注意したいことは、赤ちゃんの日焼け対策です。ハワイは日本と比べて湿度が低く、貿易風が吹いていてさわやかですが、とくに夏場の日中は太陽ギラギラ。日焼け対策だけは万全に。ベビー用サンスクリーン、水、バギーの日除けは必需品です。ちなみにハワイには赤ちゃん用のイオン飲料はないので、日本から粉末タイプのものを持参すると便利です。

さあ、ベビーと一緒にゆったり過ごす旅で、今まで知らなかったハワイの魅力を発見してみませんか?

Barefoot Beach Café
ベアフット・ビーチ・カフェ

2699 Kalakaua Ave, Honolulu
Tel:808-924-2233
Open:Daily 7:00~21:00
barefootbeachcafe.com

最近の投稿