Aloha from Hawaii

南国ハワイからの最新情報

私達のハワイでの暮らしをご覧くださ〜い

幻のサーフィンイベント「ザ・エディ」、6年ぶりに開催!

今回で9年連続のインヴィテーション、日本人プロサーファー脇田貴之さん

2016年2月25日早朝、ハワイ・ノースショアのワイメアベイ で「第31回クイックシルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ」(通称ザ・エディ)の開催が宣言された。この大会は、20フィート以上の波がブレイクするときに開かれるというもので、31年という歴史の中で過去に開催されたのはわずか8回のみという、文字通り幻の大会。

この日は今シーズン2度目のコール。前回は2月10日。開催可能を示すグリーンアラートがコールされたが、スウェルが遅れてキャンセルに。ウェイティングピリオドの終了まであと4日となった25日、6年ぶりの開催が決まった! ハワイではもちろん大盛り上がりで、インターネットは軒並みスロー。

ビーチには、早朝から約1万5千人が押し寄せた。興奮するギャラリーの前で、エディ・アイカウの弟、クライド・アイカウは、「今日は私が40年間で見たベスト・デイの1つだ」と大会のスタートを宣言、ビーチは大喝采に包まれた。
b50d29a6-6fb6-44bd-84ff-18e1ac239eeePhoto by WSL/ Heff

この大会は完全な招待制。世界中の名だたるビッグウェイバーの中から選ばれた、28人の選手によって競われる。

MG_0052

この神聖な戦いを制したのは、地元出身の23歳、ジョン・ジョン・フローレンス。フローレンスは、4ウェイブ・トータルで301ポイントをスコア。ビッグ・ウェイブ・ライディング最高額の$75,000の賞金を手にした。

7d68c2a6be6d0a14de9450a41a416467

今回で9年連続の招待を受けた、日本屈指のビッグウェイバー脇田貴之さんも大健闘をみせ、12位という成績でフィニッシュ。

MG_6810

第2回のザ・エディの勝者で、最年長の現役サーファーといわれる66才のクライド・アイカウが登場すると、ギャラリーから大きな声援が送られた。クライドは、今大会を最後に現役を退いた。

MG_6629

http://theeddie.quiksilver.com/?geopopup=false

最近の投稿